NEWSタイトル

お知らせ

当社、有限会社ビットアンドインクは、2014年6月1日に、Webサイトの制作・運用・保守の事業を
ハコレコドットコム株式会社に事業委託いたしました。

ハコレコドットコム株式会社 https://www.hakoreco.com/

「北国の住まいとまちづくりカレッジ2005 in はこだて」で10分喋ります

2006年1月11日

未分類

1/20(金)開催の
「北国の住まいとまちづくりカレッジ2005 in はこだて」
という催しのリレートークで10分の持ち時間でお話をします。その後のDiscussionにも出場
パネルでの星野の発言から(道新記事から)
「ほどよい大きさで、雰囲気の良い店が点在する地域の魅力を市民に伝える“仕掛け”がバル街。マチの魅力を実感できるバス運行も始めるなど、努力の積み重ねがマチを活気づける」と強調。


北国の住まいとまちづくりカレッジ2005 in はこだて
1 はこだて住まいとまちづくりスクール(平成18年1月20日(金)13:30~17:00)
◎ 主催者(小町谷課長)あいさつ(5分)
◎ 共催者(函館市)あいさつ(5分)
◎ 学長(小林座長)あいさつ(10分)
◎ 趣旨説明(北国の住まいとまちづくりの考え方と函館都市圏の位置づけ、塚野補佐)(10分)
(1)リレートーク(14:00~15:30、10分/人)
① 函館市における住まいとまちづくりの現状と課題、目標像と展開施策、重点地区の位置づけ
   渡辺 史郎(函館市街づくり推進課長)
② 西部地区住民生活の実態と課題
   山田 和子(弥生小学校PTA前会長)
③ 地域コミュニティ拠点としての商店街
   井上 清美(大黒通フェスティバル実行委員会事務局長)
④ 中心市街地におけるまちづくりの動き
   広部 卓也(㈱はこだてティーエムオー総務部長)
⑤ 団塊世代の誘致活動の実際
   二本柳 慶一(はこだて生活産業創出研究会会長)
⑥ 既成市街地の魅力とコミュニティ活性化の実際
   星野  裕(バル街実行委員会)
⑦ 高齢者居住支援の実際
   齊藤 眞樹(よりよい住まいを考える会事務局長)
⑧ 歴史的建物の保存と活用をめぐって
   原  一彰(函館の歴史的風土を守る会)
⑨ NPOによる住まいとまちづくりの動き
   山内 一男(NPO法人はこだて街なかプロジェクト理事長)
※休憩(10分)
(2)オープン・ディスカッション(15:40~16:50、70分)
<パネラー>
① 齊藤 眞樹(よりよい住まいを考える会事務局長)
② 山内 一男(NPO法人はこだて街なかプロジェクト理事長)
③ 星野  裕(バル街実行委員会)
④ 渡辺 課長(函館市街づくり推進課)
<コーディネーター>
○ 今野 亨(NPO日本都市計画家協会)
<アドバイザー>
① 石塚  弘(渡島支庁経済部建設指導課長)
② 星野 達弥(北海道開発局事業振興部都市住宅課住宅市街地係長)
(3)全体講評(16:50~17:00、10分)
① 小林 英嗣
② 小町谷信彦
2 せいぶ・まちなか再生研究会(平成18年1月21日(土)9:30~12:00)
① 中島廉売(大黒商店街)周辺に関する再生モデルの枠組み(案)の提示(事務局)
② 中島廉売(大黒商店街)周辺における住まいとまちづくりに関する取り組みの現状と課題
・函館市の職員、大黒商店街役員、NPOまちなか、高齢者居住支援
③ 再生モデルの枠組み(案)に関する意見交換

トップへ戻る