NEWSタイトル

お知らせ

当社、有限会社ビットアンドインクは、2014年6月1日に、Webサイトの制作・運用・保守の事業を
ハコレコドットコム株式会社に事業委託いたしました。

ハコレコドットコム株式会社 https://www.hakoreco.com/

道新・読者委員会で発言

2007年9月20日

メディア関連

9月18日、札幌で開催された読者と道新委員会に出席。テーマは「食の安全」、「洞爺湖サミット」報道。詳細記事が20日付け紙面に。星野の発言の紙面掲載分を下記に。


■食の安全問題
/鋭い問題意識が必要 高井氏
星野裕委員 
ミート社の事件は、冷凍食品の厳しい価格競争もあり、流通側の販売競争に製造者が巻き込まれた側面もある。流通の過程、行政が内部通告を放置した構造的な背景について、もっと突っ込んだ記事や解説がほしかった。石屋製菓の賞味期限改ざん問題では、解説的な記事や有識者の提言などもあったが、連日一面トップの扱いや短絡的な見出しの付け方に違和感を覚えた読者もいたのではないか。見出しひとつで読者の受け止め方は振れる。紙面での取り上げ方について慎重を期する必要がある。
■「食」めぐる取材 課題は
 星野委員 ミート社も石屋製菓も発覚当初の記事は毎日十本前後で、あちらこちらの紙面に載っていた。これだけ大きい問題の場合は、どこかにまとめて載せてもいい。読者に全体像を見せるために、できる限り一カ所にまとめるような作り方も検討してもらいたい。
■洞爺湖サミット
 星野委員 サミット開催に至った経緯のあいまいさが尾を引き、さらに安倍晋三首相が辞任表明したことで、開催地の胆振管内洞爺湖町を含めて混乱している気がする。この問題をどう整理してプラスにしていくか。報道機関の役割は大きい。道新には、国際会議の開催地の位置づけやアイヌ民族問題を取り上げる中で、北海道を世界に発信していくようなリーダーシップをとってほしい。

トップへ戻る