NEWSタイトル

ニセコ町商工会で講演

2007年2月21日

街づくり

ニセコ町商工会のお招きで「オンパクによる地域おこし」をテーマに講演をしてきました。なんといっても集まった約50人の皆さんの真剣さに感動しました。 先方の方が書かれたレポートから転載  21日、地域活性化事例講習会が開催され「はこだて湯の川オンパク(温泉博覧会)」の実行委員会事務局長の星野裕さんを講師に迎えて、講演を行いました。  星野さんは、「オンパクは観光客だけでなく、地元の人が楽しむことのでき...

観光情報学研究会シンポジウムで基調講演をしました。

2007年2月11日

未分類

2月9日(金)に行われた観光情報学研究会シンポジウムにて、「はこだて湯の川オンパク」をテーマに刈田実行委員長と基調講演をしました。 ...

観光情報学研究会シンポジウム・基調講演

2007年2月2日

未分類

観光情報学研究会シンポジウムが下記により開催されます 1.日  時  平成18年2月9日(金) 13:30~17:10 2.場  所  函館ハーバービューホテル(北海道函館市若松町14番10号) この基調講演では「はこだて湯の川オンパク」をテーマに 13:45-基調講演 第1回はこだて湯の川オンパク開催結果報告       刈田 眞司(実行委員長)星野 裕(事務局長) の発表があります。詳しい情報...

読者と道新委員会(第3回)発言要旨

2007年2月2日

メディア関連

読者と道新委員会(第3回)が1月30日開催されました。星野の発言要旨は以下のとおり <匿名・実名報道> 星野裕委員 冊子を読んで、発表は実名が原則で、匿名報道か実名報道かの判断はメディアがする、との考え方はよく分かった。ただ、メディアが最終判断することに国民が信託できるよう、行動基準をつくるなど実績を積んでいけるかが課題だ。また、実名・匿名の問題は新聞だけではない。函館で昨年、芸能人が未成年に淫行...

トップへ戻る